毛布があればそれでいい

日記、いや週記になれば。後はメモ用がてら書き込む雑記系ブログです。

紅葉見に強羅まで行ってきたけどまだ早かった

強羅駅

11月3日、そろそろ紅葉かなと思い箱根美術館強羅公園へ紅葉を見に。

それと箱根湯本で大名行列が見れるとのことで箱根登山鉄道に乗って見に行ってきた。

箱根美術館強羅公園について

箱根美術館強羅公園は隣り合わせになってます。

両方見るなら共通券がお得です。

料金は1100円。

箱根フリーパスやトコトコきっぷを持ってると強羅公園は無料、箱根美術館は割引(200円?)になるようです。

www.hakonenavi.jp

www.hakonenavi.jp

箱根美術館

昭和27年6月に開館した歴史ある美術館。

古い陶器や壺などが展示されています。

美術館の敷地内には庭園があり、苔庭や紅葉など四季折々の景観が楽しめます。

4月~11月 9:30~16:30 12月~3月 9:30~16:00 ※最終入館は閉館30分前

休館日は木曜日(祝休日の場合は開館)、年末年始

鑑賞券

  • 一般 900円

  • 高大生 400円

  • 中学生以下 無料

  • シニア割引 700円

  • 障害者割引 400円

神奈川県箱根町強羅1300 TEL 0460-82-2623(代表)

www.moaart.or.jp

強羅公園

大正3年に開園した日本初のフランス式整型庭園。

熱帯植物園や工芸体験クラフトハウス、カフェなどがあり、一日中楽しむことができます。

強羅公園は正門標高約574m、西門標高約611mという傾斜になっているので見る順番は重要かもしれません。

9:00~17:00 (年中無休)※入園は16:30まで

入園料

  • 一般 550円

  • 小学生以下 無料

神奈川県足柄下郡箱根町強羅1300 TEL 0460-82-2825

www.hakone-tozan.co.jp

箱根へ出発

静岡方面から国道1号線で箱根へと向かいました。

渋滞あるかな?と心配したけれども、芦ノ湖周辺で少し止まったくらい。

比較的スムーズに進めました。

駐車場は箱根美術館臨時駐車場がお得

箱根美術館の駐車場は無料です。

100台程度駐車できるようなので余裕があります。

強羅公園で共通券を買う

強羅公園西門まで歩いて行き、共通券を購入しました。

写真を撮ろうと思ったら、スマホの電池切れ。

充電できてると思ってたらできてなかった。

なので写真は1枚もありません。

箱根美術館へ行く

強羅公園は傾斜がきついので先に箱根美術館へ。

強羅公園は出入り自由だけど、箱根美術館はどうだか聞くの忘れた。

美術館内の展示物は正直物足りない。

織部焼を見たときに『へうげもの』を思い出してニヤリとしたくらい。

展示物を楽しむよりは庭園を楽しむ方がいい気がします。

庭園はとても素敵だと思います。

ただ、紅葉にはまだまだ早かった。

11月中旬下旬が見ごろかもしれないね。

箱根湯本へ向かう

箱根ケーブルカー

14時過ぎに大名行列箱根湯本駅前を通るので、13時半頃の強羅駅発の箱根登山鉄道へ乗る。

急な坂道を下っていくので滑り降りれば楽しいだろうなぁ~上りはいやだなぁ~と誰もが考えると思う。

強羅駅、ケーブルカーには人が大勢並んでいて登山鉄道はガラガラ。

余裕で座れるわ、と思ってたらゲーブルカーが到着するとぞろぞろと登山鉄道へ人が流れてくる。

ケーブルカー到着後には登山鉄道へ並ばないように気を付けたいね。

景色や進行方向が変わるスイッチバック、いろいろな説明アナウンスなどを楽しみながら約40分。

箱根湯本に到着。

ちょうど駅前を大名行列が練り歩く。

「下に~下に~」と先頭を走る車のスピーカーから聞こえてくる。

火縄銃は想像以上の音。

迫力があり面白かったです。

行列そのものは物足りない感じはありました。

強羅へ戻り公園へ

強羅公園

再び登山鉄道へ。

とにかく人が多くて混雑するので、座りたいのなら発車後、次の車両待ち先頭へ並ぶのが良いと思います。

40分立ちっぱなし後、強羅の坂を上るのは大変だからね。

強羅駅から強羅公園まで上り、強羅公園内も上る。

公園内はカフェなどがありおしゃれな感じはあるけれど、時期がずれると花もなく紅葉もなくちょっと寂しい感じがしました。

また良い時期の頃に来ようと思います。