毛布があればそれでいい

日記、いや週記になれば。後はメモ用がてら書き込む雑記系ブログです。

うさぎを飼って思う事

うさぎを飼って思う事

我が家にはうさぎと猫が居ます。

うさぎを飼い始めて3年ちょい。

我が家のうさぎはこんな感じと言う紹介と、これから買いたい人の参考になれば嬉しいです。

購入場所

我が家のうさぎはホームセンターで買いました。

ホームセンターの一角にあるペットショップ。

よく買い物に行くホームセンターで、買い物へ行く度ペットショップコーナーの犬や猫を覗いてました。

奥の方に小さい小部屋があり、そこに小動物たちが売られてます。

うさぎはいつも10,000円を超える値段で売られてました。

ある日、小部屋を覗いてみるとうさぎが2000円という値段で売られていたのです。

売れ残り、ある程度大きくなってしまったのでこの値段だったのでしょう。

ミニウサギ」いわゆるMIXです。

ホームセンターでの購入の場合、管理は必要最低限しかしていないと思われます。

小さなケージに入れられ、餌と水が与えられる。

人には全く慣れていない場合が多いと考えられます。

ホームセンターの店員さんに「あのうさぎはオスですか?メスですか?」と聞いたときにケージから出して調べてくれたのですが、うさぎが暴れて手から血が出ていたのを覚えています。

初めから抱っこがきるようなうさぎが欲しいなら専門店などで購入しましょう。

検診などもしっかりしていて、人と触れ合って抱っこができるうさぎを選ぶのが良いと思われます。

気を付けたい事

うさぎに限らずですが、ペットを飼う前にある程度の予備知識を入れて購入する人がほとんどでしょうが、なかなかその通りにならない事も、想像以上なことも多いです。

うさぎの場合、噛むことや抱っこが難しいなどがありますが、どの程度のものなのかも考慮した方がいいでしょう。

想像以上に飼うのが面倒だと感じてしまうと、可愛がることも難しくなるでしょうからね。

うさぎは噛む

うさぎは噛みます

慣れれば噛まなくなるだろう・・・なんて考えはどこかに置いてきた方がいいでしょう。

もちろん個体差もあるし、慣れて噛まなくなるうさぎもいることでしょう。

それはそれでいいのです。

すばらしいことですね。

でも、そうじゃないうさぎも多いということは頭に入れておいてください。

我が家のうさぎは怒って噛むようなことはしません。

座ってると「どいてくれ」って感じで噛みます。

鼻でぐいぐい押してきて、どかなければ噛む感じです。

甘噛みではありますが、声が出るくらい痛いです。

血が出るほど噛む個体もいるようなので気を付けて、噛まれることは覚悟のうえで飼いましょう。

物も噛む

うさぎの口に届くものは全て噛まれると考えておきましょう。

特に、壁や棚の角、出っ張り部分などは噛まれてすり減っていきます。

噛まれて困るようならば布類で保護するなどの工夫が必要です。

そして電気コードなども噛まれて切断されます。

部屋に置かなきゃいけない季節家電、扇風機やファンヒーター、こたつなのど電気コード、他にも電子機器を繋ぐコードなどは噛まれないようにする必要があります。

絶対に届かない位置にするか、コードを保護するものを巻くことを実施してください。

抱っこは難しい

大きくなってから抱っこを覚えてもらおうと思っても難しいです。

うさぎも飼い主も根気が必要です。

基本的な抱っこの仕方は、しっかりと下半身を安定させて抱っこする方法がいいでしょう。

後ろ足が宙に浮くと暴れます。

うちのうさぎも抱っこ嫌いです。

そのままは暴れて抱っこできません。

コロンと一度横にしてから抱っこするとできます。

他とは違うやり方かもしれません。

普通に抱っこできない方は試してみてください。

おやつを手であげてたら普通に膝の上に乗るようになりましたが、抱っこしようとすると逃げます。

爪を切るのに抱っこは覚えた方がいいので根気よく頑張りましょう。

抱っこできるかどうか不安なら、初めから抱っこができるようなうさぎを選びましょう。

うるさい時もある

猫や犬は鳴き声がうるさいから、うさぎにしようという考えの人もいると思います。

うさぎは鳴きませんが、意思表示で後ろ足を床に踏みつけて「ダン」という音を鳴らします。

スタンピングとか足ダンと呼ばれていて、少し強めに床を叩いたくらいの音です。

何度も繰り返すことがあり、結構響きます。

怒ってたり、嫌なことがあったり、餌が欲しかったり様々な理由でやることが多いです。

ただ、嫌なことでやる時が多いので、周りに変なところがないか確認してあげましょう。

床を掘る音もうるさいです。

元は穴うさぎなので穴を掘ろうと床をほじくります。

フローリング部分だと「かりかりかりかり」と鳴らすので注意してください。

鳴かないとは書きましたが、小さな声で「ぶー」とは鳴きます。

かかる費用

うさぎにかかる費用

「貧乏人はペットを飼うな」と言う話が話題ですね。

賛否両論なのは当然でしょうね。

正解なんてないんでしょうし。

とにかく飼うなら最後まで愛情持って接してほしいです。

餌代

まず、餌はチモシーですね。

アルファルファってのもあります。

1番刈りや2番刈りなど違いもあります。

ビールの1番絞りみたいなもんですかね?

刈り取る時期によって名前が違うようです。

ホームセンターなどで手に入るチモシーが主流でしょうから、チモシーでいいと思います。

1kg500円~600円程度でしょうか。

我が家のうさぎは1か月で1.5kg程消費します。

なので1か月1000円かからないくらいです。

他にもおやつとして野菜をあげたりしてるくらいです。

病院代

うさぎも病気になりますからね、まず動物病院を見つけておきましょう。

うさぎを見れない動物病院もありますので注意しておきましょう。

うさぎの場合、具合悪い状態を隠す習性があります。

弱い生き物なので、更に弱みを見せては襲われてしまうという本能からなのでしょう。

なので定期検診をおすすめします。

年に3、4回くらいでいいんじゃないでしょうか。

少なくとも年に1回は行っておきたいですね。

初めて行けば初診料、次からは再診料が取られます。

他、検診料や薬代などで5000円前後はかかりますかね。

爪が切れない方は、検診時に病院でお願いするのがいいと思います。

毎日の世話、排泄物処理

うさぎはトイレを覚えてくれます

しかし「ここ」ではなく「この辺」って感じです。

人間でいえば個室トイレ内の便器でするところを個室全体で排泄してるって感じです。

これは小だけの話。

大の方ははっきり言って無理です。

1日に結構な量の大をします。

ご飯食べながら、歩きながら、走りながら・・・

もうその辺にいっぱい散らばります

最初はティッシュやちり取りで処理してましたが、面倒になって素手で捨てるときもあります。

うさぎ飼い主あるあるじゃないでしょうか。

踏むと草が粉状で散らばり、処理がさらに面倒になりますので注意が必要です。

我が家のうさぎはかわいい

我が家のうさぎは呼べば来ます。

歩いてるときについて来る時もあります。

可愛いやつです。

猫も飼ってますが喧嘩はしません。

大きいビニールのボールが好きで、ビニールボールの周りをぐるぐる回ってます。

撫でると大人しくじっとしています。

奥歯を鳴らすので嬉しいんだろうなと思いますが、もう少しゴロンとするとか反応してくれたらいいのにとは思います。

広告を非表示にする