毛布があればそれでいい

いろんなこと書いていく雑記系のブログです。

富士市の広々とした公園 広見公園

足腰強化のため散歩がしたい!ということで広見公園に行ってきました。

イベント等はとくにやってませんでしたが、駐車場は車でいっぱい。

富士市では人気の公園となっています。

広見公園

広見公園

広見公園は2市1町合併したときの記念公園です。

公園内には富士山かぐや姫ミュージアム富士市立博物館)や市内にあった代官屋敷や長屋門、竪穴式住居などなど、歴史を感じれる公園となっています。

とにかく広いので遊ぶのも散策するのにもぴったり。

桜の季節になると「広見桜まつり」を開催していて催し物や出店が並び、たくさんの人で賑わいます。

住所:富士市伝法字土手内46-1

電話:0545-55-3553(富士市振興公社公園事業課)

広見公園の駐車場

広見公園の駐車場は125台、無料で収容できます。

駐車場開閉時間は8時45分から21時まで。

平日でもたくさんの車が駐車しています。

かぐや姫ミュージアムが目的なら、かぐや姫ミュージアム正面にも駐車場があるのでそちらを利用するのが良いと思います。

ふるさと村歴史ゾーン

広見公園ふるさと村歴史ゾーン

広見公園の東エリアはふるさと村歴史ゾーンとなっています。

古墳や歴史的価値のある建物が複数あります。

建物の中に入れるところもあるので、中に入って歴史を感じてみてください。

広見公園ふるさと村歴史ゾーン建物内

広見公園ふるさと村歴史ゾーン建物内2

広見公園ふるさと村歴史ゾーン2

広見公園ふるさと村歴史ゾーン3

富士山かぐや姫ミュージアム富士市立博物館)

富士山かぐや姫ミュージアム

富士市竹取物語発祥の地と言われています。

ただ、富士市に伝わる物語はちょっと他とは違います。

かぐや姫は月に帰ったと言われていますが、富士市のお話は富士山に帰っていくのです。

えぇ?って思うかもしれませんが、かぐや姫ミュージアムではその物語を楽しむことができます。

他、富士市の歴史について知ることができるので興味があれば立ち寄ってみてください。

観覧料はなんと無料です。

リニューアルされてとても綺麗で見やすくなったのでオススメです。

museum.city.fuji.shizuoka.jp

観覧料:無料

開館時間:4月~10月は9:00~17:00、11月~3月は9:00~16:30

休館日は月曜(祝日の場合は開館) 祝日の翌日 12月29日~翌年1月3日

少し離れたところに歴史民俗資料館もあります。

歴史民俗資料館

のんびりするには良いところ

広いので書ききれないところもある広見公園。

西エリアの方へ行けば子供たちが遊べる遊具などがあります。

西エリアで遊ぶのも良し、東エリアで散歩や歴史に触れてみるのも良いと思います。

桜やバラの時期に来るのも、雰囲気が変わって楽しめますよ。

広告を非表示にする