毛布があればそれでいい

いろんなこと書いていく雑記系のブログです。

織田信長の首塚がある西山本門寺

静岡県富士宮市にある西山本門寺に行ってきました。

自然いっぱいのお寺で雰囲気がとてもいいお寺です。

西山本門寺

西山本門寺日蓮宗のお寺です。

上条大石寺北山本門寺小泉久遠寺、下条妙蓮寺と合わせて「富士五山」とも言われています。

西山本門寺の入り口である黒門から本堂付近まで1kmくらい、本堂裏手の墓地までは2kmくらいあるらしく、とても広い敷地となっています。

本堂裏手には織田信長首塚があり、毎年11月には「信長公黄葉まつり」が開催され、多くの人で賑わいます。

西山本門寺の駐車場 芝川スポーツ広場

西山本門寺の駐車場は芝川スポーツ広場の駐車場を使用します。

60台程度駐車でるようです。

イベントなど開催していない限り、駐車スペースに心配する必要はなさそうです。

営業時間は不明ですが、駐車場に閉鎖するような物は見当たらなかったので、早朝や深夜でも利用できるのかもしれません。

西山本門寺の駐車場 本堂近くの参道

黒門から歩いて行くのは大変な場合、本堂近くの参道に駐車する事も可能なようです。

県道75号線から西山本門寺入口」と案内が出ているところから入ります。

車1台しか通れないような細道なので注意しましょう。

進んでいくと参道に出ます。

「徐行してください」との看板が出ているので、車で入って行ってもいいのだと思われます。

私は参道の砂利道に駐車させてもらいました。

西山本門寺の駐車場 西山ポケットパーク

他にも「西山ポケットパーク」なるものを見つけました。

私が行った時には1台駐車していましたが、西山本門寺参拝に利用しても良いのか不明です。

西山本門寺入口 黒門

西山本門寺入口

車を芝川スポーツ広場の駐車場に置いて西山本門寺入口の黒門へと向かいます。

西山本門寺下馬札

入り口には下馬札があります。

下馬とは馬から下りること。

西山本門寺は朝廷より下馬札を許された由緒ある寺院だそうです。

西山本門寺黒門

西山本門寺入口の黒門です。

夏場は少し寂しいですね。

春になると桜が綺麗なようです。

西山本門寺参道

西山本門寺の参道です。

とても静かで雰囲気の良い感じです。

が、あまりの暑さに引き返します。

西山本門寺本堂付近

西山本門寺参道駐車場

県道75号線の西山本門寺入口より入り、参道の砂利道に駐車します。

本堂がすぐ近くにあるので、長い参道を歩く必要がありません。

西山本門寺参道駐車場2

ここからさらに奥にある墓地の方へ歩いて行くこともできるようです。

参道を黒門の方から2、3人歩いて行くのを見ましたが、すごいの一言です。

西山本門寺本堂と銀杏

西山本門寺本堂

本堂も銀杏も立派です。

そういえば手水舎の水が節水の為なのかありませんでした。

近くにはトイレもあります。

西山本門寺 織田信長首塚

西山本門寺織田信長の首塚石碑

西山本門寺織田信長の首塚入口

本堂を正面にして左手に、織田信長首塚への入り口があります。

西山本門寺織田信長の首塚

西山本門寺織田信長の首塚

小道沿いに歩いて行くと、ありました、信長の首塚です。

近くには大柊もあります。

本能寺で自害した信長の首を敵に取られるわけにはいかないということで、原志摩守宗安が一緒に自害した父と兄の首と一緒に持ち出しました。

その首を本因坊算砂の指示により、西山本門寺の本堂裏手に大柊と共に祀ったらしいです。

こういった歴史は調べれば調べるほど面白いですね。

何か繋がりのようなものを発見したときは、あぁなるほどね、と妙に納得してしまいます。

歴史を解明していくことももちろん重要ですが、歴史ロマンですから謎のままでもいいんじゃないかな、なんて思います。

次来るときは「信長公黄葉まつり」にしようかなと思います。

何もない普段の西山本門寺に来て荘厳さを感じるのも良いんじゃないかと思いますよ。