毛布があればそれでいい

いろんなこと書いていく雑記系のブログです。

猫が布団におしっこをして困る・・・我が家の猫の対処法は「音」でした

猫が布団におしっこをして困る

我が家には2匹の猫が居ます。

2匹ともメスで人懐っこく可愛いのですが、そのうち1匹が布団におしっこをするので困ってしまいます。

臭いがすごくて、そのままでは寝られない。おしっこする度に、布団をお風呂場へ持っていき丸洗い。

どうにか対処しないと大変なので調べたり試したりやってみた結果、我が家の猫は「音」に反応しているがわかりました。

猫が布団でおしっこをする理由

猫はトイレをすぐ覚えます。我が家の猫もすんなりと覚えてくれました。

成長して1年経ったくらいの頃、布団でほじくる仕草をしている猫発見。
見てみたら布団がびしょ濡れになってました。

猫は布団をトイレと思っておしっこしているのでしょうか?
猫がおしっこしてしまう理由を考えてみましょう。

トイレが気に入らない!

猫は綺麗好きなので、トイレが汚れていたりすると不満を言います。

我が家の猫は大の方をするとにゃーにゃー鳴きます。
「早く片付けてよ!」「掃除してよ!」って言ってるのでしょうか。

片付いていれば鳴きません。

小の方も放っておくと、だんだん臭いがきつくなってきます。なるべく早めに掃除してあげましょう。

またトイレの形や場所、猫砂なども気に入らないと、そのトイレは使いません。
できれば複数の種類を準備してみて、気に入ったトイレを見つけてあげることも大切です。

トイレが足りてない

近くにトイレがなかった場合に、近くにある気に入ったトイレっぽいところでおしっこすることもあります。
その一つが布団なのでしょう。

遊ぶ範囲には複数のトイレを設置してあげて、トイレが近くにある環境を作ってあげましょう。

ストレスが溜まっている

猫もストレスが溜まります。その不満の訴えの一つがトイレじゃない場所へのおしっこです。

適度なコミュニケーションはもちろん、生活環境を変えてしまうような掃除や模様替えには注意しましょう。

見知らぬ来客に関してもストレスになるような猫もいるので、安心して過ごせる場所へ隔離するなどの対処をした方がいいかもしれません。

ストレスの原因となることを可能な限り排除しましょう。

病気かも?

高齢になればなるほど病気を疑った方がいいかもしれません。
いつもとは違った様子だったり、行動がおかしい場合にはすぐに動物病院へ連れていきましょう。

よく観察して、早めに解決してあげた方が猫も飼い主も安心です。
近くの病院を検索する

排尿とスプレーは違う!

排尿とスプレーは違う

猫が急にお尻を向けておしっこをする「スプレー」をすることがあります。
お座りしてするのが排尿、立ったままするのがスプレーです。

スプレーはマーキングの意味合いが強いようです。
縄張りの主張や自分のアピール、メスよりもオスに多く見られるようです。

我が家の猫は発情するとスプレーをします。
その場所は布団にとどまらず、服、タオル、壁、カーテン、靴・・・はっきり言って大変です。

止めさせるには発情をなくすのが一番です。
去勢・避妊をしてあげることが、私にとっても猫にとっても大事だと思います。
雌猫を避妊手術して思うメリット・デメリット

我が家の猫はこうしたらおしっこしなくなった

我が家の猫は敷布団と掛布団におしっこします。
その布団はネットショッピングで買った布団で、同じ布団カバーを使用しています。

いろいろ試した結果、布団の上に毛布を掛けることでおしっこしなくなりました。
どうやら布団カバーの「音」がトイレとして気に入っていたようです。

毛布を掛けることにより猫がほじった時の「音」がしなくなるので、おしっこしなくなったのではないか?と思ってます。

このおしっこ問題については避妊した後も続いたので、発情は関係なさそうです。

スプレーに関しては発情が原因でした。
避妊する事によって対処できましたよ。

「布団におしっこされて困っている」

そんな場合にはカバーを変えてみて「音」を変えてみると収まるかもしれませんよ。

参考にしてみてください。