毛布があればそれでいい

いろんなこと書いていく雑記系のブログです。

紅葉見に箱根美術館と強羅公園へ、大名行列を見に箱根湯本へ行ってきました

11月3日、そろそろ紅葉かなと思い、箱根美術館強羅公園へ紅葉を見に行ってきました。

それと一緒に、箱根湯本で大名行列が見れるとのことで、箱根登山鉄道に乗って行ってみました。

紅葉は少し早すぎたみたい。

箱根美術館強羅公園について

箱根美術館強羅公園は隣り合わせになってます。

両方見るなら共通券がお得です。

入場料 共通券
箱根美術館 900円 1,100円
強羅公園 550円

料金は1,100円で350円お得ですよ。

「箱根フリーパス」や「トコトコきっぷ」を持ってると強羅公園無料箱根美術館700円に割引されます。

箱根フリーパスとトコトコきっぷ

箱根フリーパスは色々な乗り物が何回でも乗り降り自由になるお得なチケットです。

乗り降り自由な乗り物

2日間または3日間有効のチケットを購入できるので、大型連休時の泊りがけで利用するのが良いですね。

料金は以下の通りです。

発駅 2日間有効 3日間有効
大人 子供 大人 子供
新宿から 5,140円 1,500円 5,640円 1,750円
新百合ヶ丘から 4,890円 1,450円 5,390円 1,700円
小田急多摩センターから 5,010円 1,480円 5,510円 1,730円
町田から 4,820円 1,420円 5,320円 1,670円

小田原・箱根湯本

御殿場・三島など
4,000円 1,000円 4,500円 1,250円

例えば、海賊船往復1,840円+ロープウェイ全線往復2,550円=4,390円かかってしまうので、箱根フリーパスがどれだけお得かがよくわかりますね。

泊りがけで箱根を満喫したい人にオススメです。

箱根フリーパス

トコトコきっぷは箱根登山電車と箱根登山ケーブルカーが1日乗り放題になるチケットです。

料金は

  • 大人1,540円
  • 子供770円

です。

箱根に遊びに行く期間やエリアで使い分けて、お得に箱根を楽しみましょう。

トコトコきっぷ

箱根美術館

昭和27年6月に開館した歴史ある美術館。

古い陶器や壺などが展示されています。

美術館の敷地内には庭園があり、苔庭や紅葉など四季折々の景観が楽しめます

4月~11月 9:30~16:30 12月~3月 9:30~16:00 ※最終入館は閉館30分前

休館日は木曜日(祝休日の場合は開館)、年末年始

鑑賞券

  • 一般 900円
  • 高大生 400円
  • 中学生以下 無料
  • シニア割引 700円
  • 障害者割引 400円

神奈川県箱根町強羅1300 TEL 0460-82-2623(代表)

箱根美術館

強羅公園

大正3年に開園した日本初のフランス式整型庭園。

熱帯植物園や工芸体験クラフトハウス、カフェなどがあり、一日中楽しむことができます。

強羅公園は正門標高約574m、西門標高約611mという傾斜になっているので見る順番は重要かもしれません。

9:00~17:00 (年中無休)※入園は16:30まで

入園料

  • 一般 550円
  • 小学生以下 無料

神奈川県足柄下郡箱根町強羅1300 TEL 0460-82-2825

強羅公園

車で箱根へ出発

静岡方面から国道1号線で箱根へと向かいました。

渋滞あるかな?と心配したけれど、芦ノ湖周辺で少し止まったくらい。

比較的スムーズに進めました。

駐車場は箱根美術館臨時駐車場が無料で便利

箱根美術館の駐車場は無料です。

100台程度駐車できるようなので余裕があります。

平日など混雑しない時には入り口近くの駐車場がオススメです。

強羅公園で共通券を買う

強羅公園西門まで歩いて行き、共通券を購入しました。

「よーし!綺麗な写真を撮るぞ!」思ったら、スマホの電池切れ。

充電できてると思ってたらできてなかった・・・

箱根美術館へ行く

強羅公園は傾斜がきついので先に箱根美術館へ。

強羅公園は出入り自由だけど、箱根美術館はどうだか聞くの忘れた。

美術館内の展示物は正直よくわからない。

織部焼を見たときに「へうげもの」を思い出してニヤリとしたくらい。

展示物を楽しむよりは庭園を楽しむ方がいい気がします。

庭園はとても素敵だと思います。

ただ、紅葉にはまだまだ早かった。

11月中旬下旬が見ごろかもしれないね。

箱根登山鉄道で箱根湯本へ向かう

箱根ケーブルカー

14時過ぎに大名行列箱根湯本駅前を通るので、13時半頃の強羅駅発の箱根登山鉄道へ乗って箱根湯本駅を目指します。

箱根美術館から強羅駅までは、ものすごい急斜面。

足腰に不安がある人は箱根登山ケーブルカーを利用した方が良いと思います。

強羅駅ではケーブルカー側には大勢並んでいましたが、箱根登山鉄道側はガラガラでした。

「これは余裕で座れるね」と思ってたら、強羅駅に到着したケーブルカーからぞろぞろと登山鉄道側へ人が流れてくる。

ケーブルカーが強羅駅に到着する前に、登山鉄道側へ並んでおくことをオススメしますよ。

箱根登山鉄道では景色や進行方向が変わるスイッチバック、説明アナウンスなどを楽しみながら約40分で箱根湯本に到着。

ちょうど駅前を大名行列が練り歩いてるところでした。

「下に~下に~」と先頭を走る車のスピーカーから聞こえてくる。

火縄銃は想像以上の音で、迫力があり楽しかったですよ。

箱根湯本で予約できる駐車場

箱根登山鉄道で強羅へ戻り公園へ

強羅公園

まんじゅう食べながら再び登山鉄道へ。

大名行列を見終わった人たちで人が多く混雑するので、座りたいのなら次の車両を待って先頭へ並ぶのが良いと思います。

40分立ちっぱなし後、強羅の坂道を上るのは大変だからね。

強羅駅から強羅公園まで上り、強羅公園内も上る。

強羅公園内はカフェなどがあり、おしゃれな感じはあるけれど時期がずれてしまった今回は、花もなく紅葉もなくといった感じで残念でした。

また良い時期の頃に来ようと思います。