毛布があればそれでいい

いろんなこと書いていく雑記系のブログです。

パソコン画面をGIFアニメにできるScreenToGifの使い方が簡単で便利

パソコン画面をGIFアニメにできるScreenToGifの使い方が簡単で便利

ゲームのグラブルを遊んでいて、これを簡単にGIFアニメにできたら楽しそうだな・・・と思って見つけたのがScreenToGif。

同じような他のソフトを使った事がないので比較はできませんが、ScreenToGifを使ってみて他のを探して使ってみようとは思いません。

ダウンロード・インストール

下のページから本体をダウンロードします。

www.screentogif.com

TOPページの上の方にダウンロードできる場所があります。

ScreenToGifのダウンロードとインストール

左側がmsi、右側がzipになっています。

msiとzipの詳しい違いは分かりませんが、簡単に言うとmsiはインストールされて、zipはインストール不要で利用する事ができます。

両方使ってみましたけどソフト自体に違いはありません。

ダウンロードする場所は英語ですが、ソフトは日本語になっています。

ScreenToGifの使い方

ScreenToGif起動

ScreenToGifを起動すると「レコーダ」「webカメラ」「ボード」「エディタ」がありますが、今回は「レコーダ」を選択します。

レコーダをクリックすると白い枠が表示されます。

この白い枠内がGIFアニメにしたい範囲になります。

ScreenToGif白い枠

白い枠のサイズはブラウザのウィンドウなどと同じように自由に変更できます。

pxを入力することで、好みのサイズを指定できます。

fps(1秒あたりのフレーム数)も変更できるので好みに合わせてください。

fpsの数字が大きいと滑らかな映像になりますが、容量が増加します。

記録と停止

ScreenToGif記録と停止

準備ができたらいよいよ録画開始です。

白い枠右下の「記録」をクリック、または「F7」で記録開始。

白い枠右下の「停止」をクリック、または「F8」で記録停止となります。

録画したものを編集する

ScreenToGifエディタで編集

「停止」をクリックすると「エディタ」画面になります。

録画したものを編集する画面です。

最初の上部メニューは「ホーム」で、録画したフレームをコピーしたり切り取ったりすることができます。

「プレイバック」は再生やフレーム送りなどですが、同じものがエディタウィンドウの右下にあります。

「トランジション」はフレームにフェードやスライドなどの効果を加える事ができます。

主に使うのは「編集」と「画像」かな?と思います。

編集

ScreenToGif編集

編集ではフレームを入れ替えたり、表示間隔を変えたりとかできるようです。

編集に慣れてきたら使うものっぽいので、ここでは簡単にフレームの削除を編集で行います。

下に表示されているフレームを選択して、上にある「以前を削除」で前のフレームを、「以後を削除」で後のフレームを一気に削除してくれます。

GIFにする映像の頭とお尻を綺麗にカットできるので便利です。

画像

ScreenToGif画像

画像ではフレームを反転させたり、文字入れしたりすることができます。

これも慣れたら楽しそうですが、ここでは「リサイズ」でGIFの画面サイズを変更します。

幅や高さを入力してリサイズを行います。

アスペクト比を維持しておけば、幅か高さのどちらかを指定すると自動で調整してくれます。

dpiはドットの密度らしいです。

数字が多ければ線などが滑らかに表示されるようです。

幅や高さが決まったら「適用」をクリックしてリサイズします。

ScreenToGifリサイズ

画像表示が小さくなりました。

保存する

ScreenToGif保存

編集が完了したら上部メニューを「ファイル」に移動し、「名前を付けて保存」をクリックします。

ファイルタイプが「GIF」になっているのを確認して、保存場所とファイル名を記入して「保存」をクリックします。

エンコードに少しの時間がかかりますが、これでパソコン画面をGIFアニメ化が完了です。

ちなみに今回GIFアニメにしたのはゲームグラブルの攻撃シーンです。

ScreenToGifグラブルGIFアニメ

日本語でわかりやすいし、直感でも操作できるのでパソコン画面をGIFアニメ化するならScreenToGifがおすすめです。