毛布があればそれでいい

いろんなこと書いていく雑記系のブログです。

画像編集ソフトGIMPのダウンロード・インストール・日本語化のやり方

GIMPのダウンロード・インストールのやり方

画像編集ソフトはJTrimを使ってたんだけど、レイヤー機能がないもので画像の合成がイマイチ。

何かいい画像編集ソフトがないかな?と探して見つけたのがGIMPです。

画像編集ソフトGIMPとは

画像編集ソフトGIMP

GNU Image Manipulation Programを略してGIMP

無料のフリーソフトながら、有料の画像編集ソフトにも匹敵するすごいソフト

Photoshopなんかの代用として使えるんじゃないかな?

私が求めていたレイヤー機能以外にも、多機能でやれることがいっぱい。

ただ、多少複雑でとっつきにくい気がする。

あと、GIMPが起動するまでの時間がかかるのも残念。

GIMPをダウンロードする

www.gimp.org

GIMPは上のページからダウンロードします。

画像編集ソフトGIMPダウンロード

ダウンロードをクリックします。

画像編集ソフトGIMPダウンロード右側

ダウンロードページから「gimp-2.10.6-setup.exe」をダウンロードします。

緑とオレンジ、どっちからダウンロードするかですが、右側のオレンジ「Download GIMP 2.10.6 directly」をクリックします。

バージョン2.10.6(9月7日現在)という数字は、最新のものに変わります。

あとはダウンロードされたファイルを実行してインストールしていきます。

途中、言語設定が出てきますが「English」のままで構いません。

起動してみると自動で日本語に変わっているので、日本語化する必要はありません。

特に変更することなく、そのまま進めていけばインストールが完了します。

GIMPの起動

インストールが完了したら起動してみましょう。

・・・と思ったらデスクトップにショートカットが表示されてません。

どこにあるのかと探してみたら・・・スタートメニューの中にありました。

画像編集ソフトGIMP起動

改めてクリックして起動します。

画像編集ソフトGIMP起動画面

GIMPを起動するとこんな感じです。

自動で日本語になっていますが、ところどころ英語のままのところもありました。

GIMPをちょっと使ってみる

画像編集ソフトGIMP作業

「ファイル」→「開く」から編集したい画像を開きます。

またはPrint Screenでとったスクリーンショットやコピーした画像を「編集」→「貼り付け」で準備します。

真ん中が編集する画像、左側がツールボックスやツールオプション。

右上でレイヤーを確認する事ができます。

左上ツールボックスから範囲を選択したり、切り取り、拡大・縮小、移動・・・などなどを選択して作業します。

慣れるまでは難しそうですが、難しいということはやれることが多いという事。

正直、JTrimより「痒いところに手が届く」感じです。

GIMPで編集した画像を保存する

GIMPで編集した画像を保存するには「ファイル」から

  • 「保存」または「名前を付けて保存」
  • 「エクスポート」または「名前を付けてエクスポート」

の2種類あります。

「保存」または「名前を付けて保存」の場合は「.xcf」形式で保存されます。

「.xcf」形式はレイヤーなどをそのままの状態で保存できるので、再編集するのに便利です。

作業途中だったり、編集作業は終わったけど後々もう少し手を加えたい場合は「.xcf」形式で保存しておきましょう。

「エクスポート」または「名前を付けてエクスポート」の場合は「.png」「.jpeg 」「.gif」などの形式で保存します。

エクスポートで保存してしまうと1枚の画像となってしまうため、レイヤーなどはなくなってしまいます。

編集作業が完了して、ブログやSNSなどに掲載する場合などはエクスポートで保存しましょう。

画像編集ソフトGIMP保存方法

「ファイル」→「エクスポート」から「ファイル形式の選択」をクリックして「.png」「.jpeg 」「.gif」などの形式を選択します。

本格的な画像編集がしたいならGIMPがオススメ

GIMPに関しては、いろいろなところで使い方が載ってます。

「こうしたい!ああしたい!」というのを検索すれば、大量の情報が得られるので作業に困りませんね。

サイズを変更したいだとか切り抜きしたいだとかくらいであれば、もっと簡単でシンプルで軽い画像編集ソフトを探した方がいいでしょう。

今はダウンロード・インストールしなくても、オンラインで画像編集ができるところもあります。

手軽に画像編集したいのであれば、オンライン編集も検討してみてもいいかもしれませんね。