毛布があればそれでいい

いろんなこと書いていく雑記系のブログです。

Canvaを使ってアイキャッチ画像を作ってみたらプロっぽくなった

canvaを使ってアイキャッチ画像を作ってみたらプロっぽくなった

アイキャッチ画像はあった方が良いのか、なくてもいいのかを調べていたら「あった方が良い」という結論に至りました。

画像をダウンロードして貼り付けるだけじゃ味気ないし、作るのは面倒・・・

そんな時は「Canva」を使うと簡単に、そしてプロっぽく仕上がるよ。

実際にやってみたけど、思ってた以上に簡単でした。

アイキャッチ画像とは

アイキャッチ画像は見てくれた人の目を引き付ける画像「eye(アイ)」を「catch(キャッチ)」する画像のことですね。

記事の冒頭や人気記事、関連記事なんかに画像が入っていると、目につきやすく興味を持ちやすいですね。

目について興味を持ったら、ついつい押して読んでみたくなりますね。

これがアイキャッチ画像の作戦通りということになるので

  • 記事の内容が分かりやすい
  • 記事の内容に興味を持たせる
  • 目を奪うような目立つデザイン

が必要になります。

アイキャッチ画像を作るならCanvaがオススメ

とは言っても、画像を編集する知識もスキルもない・・・

そんな私のような人のためにCanvaがあります。

Canvaはアイキャッチ画像はもちろん、 Twitterや FacebookなどのSNS用画像やバナー、ポスター、名刺などなど、様々な画像をデザイン・作成することができるオンラインツールです。

基本的に無料。

有料プランもありますが「Canvaでもっといろんなことがしたい!」って場合に検討しましょう。

画像をデザインする初心者には、無料でも十分な機能が備わっています。

Canva会員登録のやり方

まずはCanvaにアクセスしましょう。

Canva

日本語なので助かりますね。

Canva会員登録

利用目的を選択します。

私の場合は「個人」を選択しました。

Canva会員登録方法

FacebookかGoogle、メールアドレスのどれかで登録をします。

私は「メールアドレス」を選択しました。

Canva会員登録氏名メールアドレスパスワード

氏名、メールアドレス、パスワードを入力します。

氏名は本名じゃなくても良いようです。

Canva職業選択

職業を選択します。

Canvaには50,000以上のテンプレートがあるので、職業を選択しておくと最適なものが見つかりやすくなるそうです。

次にチームメンバーの追加です。

誰かと共有しながらデザインする場合には、メールアドレスを入力して招待できるみたいです。

1人でやるならスキップしましょう。

これで会員登録は完了です。

Canvaの使い方

Canvaデザインをもっと見る

次にデザインの選択画面になりますが、下にある「デザインをもっと見る」「Canvaで遊んでみましょう」をクリックします。

Canvaマイページ

このページがマイページみたいな感じですね。

いろんなテンプレートがあるので好きなものを選んでみましょう。

私は「プレゼンテーション、ワイド画面(16:9)」というのを選んでみました。

Canvaキャンパス

右に見えるのがキャンパス、左側は「レイアウト」の中のいろいろなテンプレートが表示されています。

このテンプレート「無料」と書かれているテンプレートは無料で使えます。

Canvaテンプレート無料

有料・無料が面倒なので、無料の画像をダウンロードして用意した方がいいかもしれませんね。

辺りが使いやすくて私は好きです。

画像をアップロードして使う

Canva画像アップロード

加工したい画像を用意したらCanvaにアップロードします。

著作権などには気をつけて画像を使用しましょう。

「アップロード」→「画像をアップロード」をクリックします。

Canva画像アップロード編集

アップロードされた画像をクリックすると、右側のキャンパスに表示されました。

よく見るとキャンパスのサイズと合ってません。

Canva画像サイズ調整

黒丸を調整して画像サイズをキャンパスに合わせるのが良さそうです。

好きなサイズに変更できますよ。

図形を入れる

Canva図形を入れる

テキストを入れる部分に帯みたいなのをシュッと入れて、テキストを見やすくしてみます。

左側から「素材」→「図形」の中の白い四角をクリックして画像に乗っけます。

Canva図形の色を変える

キャンパスの左上にある四角をクリックして色を黒に変更します。

Canva図形の透明度変更

図形をテキストの入れたい部分で横にびょーんと伸ばし、高さを調整します。

私は画像の真ん中に入るよう調節しました。

キャンパス右上にある「透明度」をクリックし、バーを移動させて透明度を調整します。

好みの濃さに調整して、テキストを入れる部分の帯のようなものが完成です。

テキストを入れる

Canvaテキストを入れる

さっき作った帯の部分にテキストを載せます。

左側から「テキスト」→「見出しを追加」をクリックすると、画像にテキストが入ります。

青くなっている部分のテキストを書き直しましょう。

Canvaテキストのサイズを変更する

テキストを書き直したら画像をアップロードしたときと同様に、黒丸を調整して横幅を変更したり位置の調整を行います。

自分の好きな位置に、簡単に調整できるのがすごいです。

Canvaテキストのカラー変更

文字の色を変えたり、

Canvaテキストのフォント変更

フォントを変えたりするのが楽しいですね。

フォントがいろいろあって悩みだすとキリがありません。

Canva配置

「配置」をクリックすると背面・前面に移動する事ができるので、デザインする順番は「帯」→「テキスト」でも「テキスト」→「帯」でもどちらでも大丈夫でした。

ダウンロード

Canvaダウンロード

画像が完成したらダウンロードします。

「ダウンロード」→「ファイルの種類選択」→「ダウンロード」をクリックします。

ファイルの種類は「JPG」「PNG」「PDF」が選択できます。

私は「JPG」でダウンロードしましたよ。

これでアイキャッチ画像の完成!

ブログに載せちゃいましょう。

別方法でアイキャッチ画像を作る

Canva背景

「背景」から色を選択。

Canvaアイコン

好きな画像やアイコンを載せる。

からアイコンを使いました。

Canvaテキスト入力

テキストを入力して文字を変えれば完成です。

最後に「素材」→「ライン」から線をちょっと足してみました。

慣れたら数分でアイキャッチ画像が作れそう

「アイキャッチ画像って作るの大変・・・」

って思ってましたが、Canvaは素人の私でも簡単にプロっぽい画像を作る事ができました。

Canvaの使い方に慣れてしまえば10分かからず、数分でアイキャッチ画像を作れるのではないかと思います。

使いたい画像を探す方が時間がかかるかもしれませんね。

あ、あとですね、Canvaで作った画像は自動で保存されるんです。

Canva自動保存

マイページにある「すべてのデザイン」を押すと、右下に作った画像が表示されます。

クリックすれば再度編集可能なので、同じ画像を使ってテキストを変えたりできるので便利ですよ。

アイキャッチ画像を付けたいけど、どうやって作ろうか悩んでる時には「Canva」を使ってプロっぽいアイキャッチ画像を作ってみることをオススメしますよ。

Canva