毛布があればそれでいい

いろんなこと書いていく雑記系のブログです。

猫のLEDポインターならレーザーポインターより安心して使えるよ

Amazonから「ドギーマン じゃれ猫 LEDにゃんだろー光線」を購入しました。

にゃんだろー光線はLEDポインターです。レーザーポインターとは違いますよ。

猫の反応は半々(個体差あり)。

猫の運動量は上がるけど飼い主の運動量は下がってしまうアイテムかもしれません。

にゃんだろー光線とは?

にゃんだろー光線は簡単に言うとLEDの懐中電灯です。「チュービーム」と呼ばれるネズミ型の赤い光を照射します。

そのネズミ型の光に猫が反応し、猫が光を追いかけて遊ぶ、レーザーポインター同様のおもちゃです。

猫によっては反応しない場合もあるようなので、その時は諦めるしかないですかね。私の家も1匹はめちゃめちゃ反応、もう一匹は見てはいるけど追いかけません。

もう少し上手に誘導できるよう、飼い主側も練習が必要かもしれませんね。

にゃんだろー光線を持つだけで猫が反応するよ。

にゃんだろー光線の良いところ

一番はLEDという点。

レーザーポインターで遊ぶ場合もあるようですが、レーザーポインター光が強いので失明や障害が発生するリスクが高まります。

LEDはレーザーポインターと比べれば光が弱く、失明や障害などのリスクが下がるので、より安心して使えます。

ただ、眩しいことには間違いないので、目に照射するなどの行為は止めておきましょう。

LEDとレーザーポインターの大きな違いは光の強さですが、直進性も違います

10m20m先を照射したいならレーザーじゃないと無理だと思います。部屋の広さによっても、どちらを選ぶか検討したいですね。

「LEDよりレーザーポインターの方が良い!」という場合には、クラス1と書かれたJIS規格の物を購入しましょう。

クラス1は一番光の弱いものだよ。

LED・レーザーどちらを選ぶにしろ、眩しいので目に言い訳がないんです。なるべく目に入らないよう、失明に気をつけて遊んであげてください。

次に安い!にゃんだろー光線は安いんです。

私が購入したときで883円

その他、LEDポインター類似商品も1000円前後で安いですが、900円を切るものはあまりありません。

やたら安すぎるのはあるけどね。

安物買いして損するよりは、しっかりしたものを購入した方がいいでしょう。

ですが、にゃんだろー光線はAmazon400件を超えるカスタマーレビューに3.9の評価

安心して購入し、安全に使用するには十分な情報と評価なんじゃないかな?って思います。

にゃんだろー光線の悪いところ

Amazonの十分情報と評価があるからこそ、悪い口コミも書かれているので参考になりますね。

まずは壊れやすいという口コミ。これは安い商品あるあるですね。

物によっての当たりハズレもあるでしょうが、しっかりした物を選びたいならそれなりの値段をだしておきましょう。

ちなみに半年以上使用してますが、まだ使えてます。少しボタンの効きが悪くなった印象はあります。

次に光が弱いという口コミ。レーザーポインターと比較すると、光が弱いのは仕方ありません。

より強い光を求めるならレーザーポインターの方が良いと思いますよ。

私が実際に使ってみて思うのは、照射されるネズミの大きさが大きいかな?

距離30cmくらいなら直径1cm程度の円。
距離1mくらいで直径2cm程度のネズミ。
距離2mくらいで直径4cm程度のネズミ。
距離3mくらいになるとネズミが大きすぎて、見てはいますが追いかけない感じです。

光が届く距離は十分だと思います。暗いところなら5、6m離れていてもネズミは映し出されますよ。

壁に映るネズミは大きいですけどね。5、6m以上の場所を照射するならレーザーポインターをオススメします。

ネズミの大きさが猫に迫る勢い。

にゃんだろー光線で実際に遊んでみました。

にゃんだろー光線レビュー

にゃんだろー光線を購入すると単4電池1本付いてくるので、そのまま遊ぶ事ができますよ。

にゃんだろー光線本体

本体の大きさは 3×3×11.5cm(幅X奥行X高さ) です。長さ(高さ)の目安はトイレットペーパーの芯と同じくらいですね。

電池交換は本体裏の蓋を外して単4電池1本を入れます。電池の持ちはLEDなので良いと思います。

半年以上使って電池交換は1回しかしてません。

平均したら1日2分も使ってないからかもね。

電池を入れたら肉球の下にある丸いボタンを押して光を照射します。

にゃんだろー光線猫の反応

ボタンは押せば照射、離せば消えます。

ボタンを押す力はそれほど必要ありませんが押し続けなければいけないのと、押す力によってはボタンのヘタリ具合が早くなってしまいそうな印象です。

ワンポチでON/OFF切り替えられたらいいですね。

優しく押してあげよう。

にゃんだろー光線猫の反応は上々

猫の反応は半々。1匹は追いかけますが、別の一匹は遠くで眺めています。

個体差があるのはしかたありませんね。

個体差があるのは、LEDもレーザーポインターも同様だと思います。

にゃんだろー光線の猫の反応はばっちり

我が家の猫は必死で光を追いかけてましたが、消えると「あれ?」って感じです。消えてからしばらく時間が経っても、目を大きくして周辺を見張ってました。

捕まえることができない分、興奮しすぎるのかもしれません。

イライラストレス溜めさせないためにもほどほどの時間を遊ぶか、最後は捕まえられるおもちゃで遊んであげるのが良いかもしれませんね。

飼い主側としては座ったまま遊べるので楽ですけどね。

暗い部屋でぐるぐる回すと綺麗だよ。

にゃんだろー光線は、我が家の猫の反応が1匹だけでしたけど当たり商品だと思います。猫によって個体差があるのは仕方のない事ですね。

にゃんだろー光線のレビュー記事でした。購入の参考にしてみてくださいね。

猫といっぱい遊んでね。