毛布があればそれでいい

いろんなこと書いていく雑記系のブログです。

「あなたのApple IDは一時的にロックされています」はフィッシング詐欺メールなので入力しないように注意しよう!

「あなたのApple IDは一時的にロックされています」っていうフィッシング詐欺メールが届きました。

Apple関連のフィッシング詐欺って結構届きますよね。

メールの内容が明らかに不信なので、URLをクリックしてしまわないように注意してください。

あなたのApple IDは一時的にロックされていますのメール内容

親愛な 顧客
私たちは、あなたのアカウント情報の一部が誤っていることをお知らせしたいと思います。私たちは、あなたのアカウントを維持するために、お使いのApple ID情報を確認する必要があります。
下のリンクをクリックしてアカウント情報をご確認ください. :
マイアカウントの確認⇨
私たちは24時間以内にあなたからの応答を受信しない場合は、アカウントがロックされます.
アップルのチーム
Copyright © 2018 . 全著作権所有。

メールの内容は簡素なもので、日本語も変です。

このメールがAppleからの本物のメールなのか偽物のメールなのか、「正しい日本語が使われているかどうか?」で見分けることもできます。

明らかに日本語が変で怪しいメールなので、詐欺メールを疑いましょう。

日本語が変なら周りの人に相談してみよう。

クリックするとどうなるのか?

詐欺メールだと判断したら無視で構いません。メールは削除するなり、迷惑メールとして通報するなりして対処しておきましょう。

もし、このフィッシング詐欺メールに入力していくとどうなるのか?少しだけ進めてみることにします。

appleフィッシングサイトトップページ

え?本物のアップル?

メールに記載されていたURLをクリックすると、Appleのサイトそっくりなページに飛びました。

このフィッシング詐欺サイトは見た目だけじゃ判断する事ができませんね。

ただ、サイト内のいろんなリンクをクリックしてみましたが、全く反応ありませんでしたよ。

試しにクリックしてみて、おかしな点や公式ページとの違いを確認してみるのも詐欺被害防止に繋がるかもしれませんね。

このフィッシング詐欺サイトは本当にそっくりに作られているので、騙されないように気をつけてくださいね。

メールは片言のくせに、サイトの作りは完璧だ。

では、メールアドレスを入力してみます。

appleフィッシングサイトパスワード入力

次はパスワードを求められました。パスワードを適当に入力します。

appleフィッシングサイトアカウントロック

このApple IDはセキュリティ保護のためロックされています。
サインインする前にアカウントのロックを解除する必要があります。

アカウントのロック解除をクリックしてみます。

appleフィッシングサイト個人情報入力

名前や住所などの個人情報入力とクレジットカード番号入力画面に来ました。

以降は個人情報やクレジットカード番号を盗むフィッシング詐欺です。正しい情報は入力しないでください。

appleフィッシング詐欺クレジットカード番号入力

適当に入力してみましたが進みません。なるべくそれらしいものを入力していきます。

カード情報は残高0のギフトカード情報を入力しいるよ。

appleフィッシング詐欺クレジット本人認証

クレジットカードの本人認証のようです。適当に入力したら進めました。

それにしてもここまで、すごい作りですね。違和感がないので騙されてしまう人がいるのも頷けちゃいます。

appleフィッシング詐欺免許証アップロード

免許証のアップロードのようです。適当な画像をアップロードしてみました。

さすがに免許証のアップロードは欲張りすぎだろ。

appleフィッシング詐欺パスポートアップロード

パスポートのアップロードのようです。こちらも適当な画像をアップロードしました。

Appleアカウントのロック解除で、ここまでやるのは怪しすぎですよね。

apple公式サイトトップページ

するとフィッシング詐欺の最初のページに戻ってしまいました。と思ったらこれ公式のAppleのサイトでした。

最終的には公式のAppleサイトに移動して終了のようです。

このフィッシング詐欺サイトは騙されちゃ合うかもしれない・・・

おかしいな?と思ったら相談を!

この「あなたのApple IDは一時的にロックされています」はフィッシング詐欺サイトへ誘導する詐欺メールです。

入力してしまうと、名前やパスワードなどの個人情報、クレジットカード番号を悪用される危険性があります。

万が一、クレジットカード番号を入力してしまった場合には、優先してクレジットカード会社に連絡し、すぐに停止してもらいましょう。

その後、国民生活センターに相談してみてください。

その他詐欺関連の記事はコチラ

Amazonフィッシング詐欺もあるよ。