毛布があればそれでいい

いろんなこと書いていく雑記系のブログです。

「Amazon緊急事態」「Amazoneプライムのお支払いにご指定のクレジットカード有効期限が切れています! 」はフィッシング詐欺!

「Amazoneプライムのお支払いにご指定のクレジットカード有効期限が切れています! 」はフィッシング詐欺!

Amazon緊急事態」って題名のメールが届いたんです。

メールの内容は「Amazoneプライムのお支払いにご指定のクレジットカード有効期限が切れています! 」。

読んでみると日本語がしっかりしていて、うっかり騙されそうになりました。

以下のメール内容はフィッシング詐欺なので、クリックしたりクレジットカード情報を入力したりしないように注意してください。

無視していて構いません。

※追記 「Apple緊急通知」「あなたのAmazonアカウントは24時間以内に停止されます!」という、似たような詐欺メールが届きました。

これもクレジットカード情報を盗むフィッシング詐欺なので注意してください。

Apple緊急通知」なのにAmazonに見せかけてて、もうめちゃくちゃですね。

メール内容

Amazoneプライムのお支払いにご指定のクレジットカード有効期限が切れています

○○@yahoo.co.jp様

Amazonプライムをご利用頂きありがとうございます。お客様のAmazonプライム会員資格は、2019/01/12に更新を迎えます。お調べしたところ、会費のお支払いに使用できる有効なクレジットカードがアカウントに登録されていません。クレジットカード情報の更新、新しいクレジットカードの追加については以下の手順をご確認ください。
1.アカウントサービスからAmazonプライム会員情報を管理するにアクセスします。
2.Amazonプライムに登録したAmazon.co.jpのアカウントを使用してサインインします。
3.左側に表示されている「現在の支払方法」の下にある「支払方法を変更する」のリンクをクリックします。
4.有効期限の更新または新しいクレジットカード情報を入力してください。
Amazonプライムを継続してご利用いただくために、会費のお支払いにご指定いただいたクレジットカードが使用できない場合は、アカウントに登録されている別 のクレジットカードに会費を請求させて頂きます。会費の請求が出来ない場合は、お客様のAmazonプライム会員資格は失効し、特典をご利用できなくなります。

Amazon.co.jpカスタマーサービス

メールを見ただけでは「本物」か「偽物」か判断が難しいメールです。
私は「支払方法の情報を更新する」をクリックして「偽物」だと気が付きました。

クリックしたらアドレスがおかしい

Amazonフィッシング詐欺

クリックしたらAmazonのログイン画面のようなところに移動しました。
しかしこれはAmazonのログイン画面ではありません。

Amazonフィッシング詐欺2

アドレスをよく見てみると「www.asmzaon-sllo0op.com」となっています。
正しいのは「www.amazon.co.jp」なので、全く違いますね

見た目はAmazonログイン画面ですが、フィッシング詐欺の画面なので絶対にAmazonのメールアドレスとパスワードは入力しないでください

入力してしまうとAmazon不正アクセスされる可能性があります。
すぐにパスワードの変更をした方が良いかもしれません。

適当な入力で次に進める

Amazonフィッシング詐欺3

お支払い方法を更新してください!
中断して申し訳ありませんが、お支払い方法の認証に問題があります. お客様の情報を保護するため、お客様の情報が当社のシステムに対して検証されるまで、当社のシステムは一時的にお客様のアカウントに制限を設けています. この手順を完了した直後にアカウントを元に戻すことができます.

メールアドレスなど適当に入力したら次へ進めました。
支払い方法に問題があると書かれています。嘘なので気にする必要はありません。

住所やクレジットカード番号を盗むフィッシング詐欺

Amazonフィッシング詐欺4

名前や住所、電話番号、そしてクレジットカード情報を入力させようとしています。
これはフィッシング詐欺です。絶対に入力しないでください

ちなみにここも適当な入力で次へ進めました。

Amazonフィッシング詐欺5

セキュアコードを要求してきます。
入力しないでください。

Amazonフィッシング詐欺6

手続き完了の表示です。
「持続する」をクリックしたら正しいAmazonのトップページに移動しました。

騙されないように気をつけて!

Amazon緊急事態」「Amazoneプライムのお支払いにご指定のクレジットカード有効期限が切れています! 」はフィッシング詐欺でした
メールの見た目からは見分けにくいメール内容でしたので皆さんもお気を付けください。

メールアドレスやパスワードを入力してしまった場合は速やかにメールアドレスとパスワードの変更を。
クレジットカード番号を入力してしまった場合にはクレジットカード会社に連絡して、すぐに停止してもらいましょう。

「このメールは本物か偽物か?」

わからなかったり不安な時にはパソコンに詳しい人に相談してみましょう。
相談する人がいない場合や詐欺被害に遭ってしまった場合には国民生活センターに相談してみましょう。