毛布があればそれでいい

いろんなこと書いていく雑記系のブログです。

オートバックスで軽自動車のタイヤ1本交換する工賃や料金は?

「車が縁石に乗り上げてパンクした!」って連絡が来た。もっと注意して安全に運転してほしいよね・・・

とりあえずロードサービスを呼んで、スペアタイヤに交換してもらいました。

さて、軽自動車のタイヤを購入しなきゃいけないんだけど「タイヤ1本の交換はどこが一番安く済むのか?」

通販でタイヤを購入する事も検討し、どこが安いか調べたけれど、結局オートバックスでタイヤ1本交換する事に決めました。

タイヤを通販で購入するやり方もある

今やタイヤもネットで購入する時代。ネット通販での購入の強みは「安さ」にあるけど、「送料」が加わることも考慮しておかなければいけません。

例えば、タイヤが安くて有名なAUTOWAYを見つけましたが、タイヤ1本の送料は1,080円

楽天市場AmazonYahoo!ショッピングのAUTOWAYでは送料無料と書かれていますが、送料込みの値段となっています。

AUTOWAY楽天市場送料込み

私が求めていた軽自動車用のタイヤサイズ「155/65R14」の最安値は、AUTOWAY本家1,440円+送料1,080円、楽天市場AmazonYahoo!ショッピングは2,520円でした。

通販で購入した場合のタイヤ交換・組み換え工賃

購入したいタイヤはゴムの部分だけです。ホイール付きのタイヤではありません。

なので通販でタイヤを購入したとすると、パンクしたタイヤをホイールから外し、購入した新しいタイヤをホイールに取り付ける「組み換え」作業が必要になります。

そんな技術も道具も持っていない私は自力で交換する事ができず、どこかの取付店にお願いするしかありません

昔からよく言われてますよね。「他店で購入した持ち込み商品は受け付けない」なんてこと。

でも最近ではネット通販でタイヤを購入する人が増えたためか、持ち込みであっても受け付けてくれる店舗も多いようです。

例えば先ほどのAUTOWAYでタイヤを購入した場合、「タイヤピット」から近くの取付店を検索・取付依頼することができます。

購入したタイヤを自宅ではなく取付店に直接送ることもできるので、重たいタイヤをわざわざ持っていく必要がありません。

便利だよね。

タイヤピットから申し込める取付工賃は、全国統一の基本料金です。

15インチ以下 1,800円(税別)/1本
16~18インチ 2,200円(税別)/1本
19~20インチ 2,700円(税別)/1本

例えば、軽自動車タイヤサイズ「155/65R14」を通販で購入し、交換工賃込みの合計金額を出すと「タイヤ料金2,520円+交換工賃1,944円=4,464円」となります。

ここで言う基本料金とは、「車体からタイヤとホイールの脱着料」「タイヤとホイールの組み替え」「バランス調整」を含んだ金額となります。

タイヤ交換の脱着・組み換え・バランス調整について

これは、車乗っている人でも詳しくない人が多いんじゃないでしょうか。私も調べてみて初めて知りましたよ。

タイヤ交換タイヤとホイールの脱着について

「脱着」とは、車体についているホイール付きのタイヤを、取ったり付けたりする作業のことです。

タイヤ交換ゴムの部分を交換するのが組み換え

「組み換え」とは、ホイールから古いタイヤ(ゴムの部分)を外し、新しいタイヤ(ゴムの部分)を取り付ける作業のことです。

「バランス調整」とは、ホイールに新しく付けたタイヤが、綺麗にくるくる回ってくれるよう調整する作業のことです。

安全に走行するためにも、バランス調整はやっておいた方が良い作業内容ですね。

Amazonで購入した時のタイヤ交換・組み換え工賃

Amazonで購入したタイヤも取付・交換サービスを行っています。

提携取付店はENEOS・エッソ・モービル・ゼネラル・宇佐美・出光などがあります。

取付工賃の例としてENEOS・エッソ・モービル・ゼネラルの場合を見てみます。

普通自動車・軽自動車 ワンボックス・RV
~13インチ 1,250円/本 1,800円/本
14インチ 1,550円/本 2,100円/本
15インチ 1,750円/本 2,300円/本
16インチ 1,950円/本 2,500円/本
17インチ 1,950円/本 2,500円/本
18インチ 2,150円/本 2,700円/本
19インチ 2,350円/本 2,900円/本
20インチ~ 2,550円/本 3,100円/本

交換・取付としか書かれていないので、「脱着」「組み換え」「バランス調整」などの作業内容については確認が必要ですね。

Amazonで軽自動車タイヤサイズ「155/65R14」を購入した時のタイヤ交換・組み換え工賃は、「タイヤ料金2,520円+交換工賃1,550円=4,070円」となります。

オートバックスのタイヤ交換工賃

今回、ネット通販でタイヤを購入しなかった理由は時間がかかるからです。手っ取り早く交換するなら、店舗へ行ってタイヤを購入し、その場で交換してもらうのが良いですね。

オートバックスでは「155/65R14」のタイヤが2,990円(税抜)で売られてました。税込3,229円ですね。

タイヤ自体は通販で見た「1,440円」で購入するよりも割高ですね。

ただ、送料も考えればタイヤの値段はあまり変わらないんじゃないか?ということで、オートバックスでの購入を決定しました。

オートバックスの店員さんに国産のタイヤ(1本1,000円くらい高い)を進められますが、縁石に乗り上げてパンクさせてしまうような運転なので外国産で十分でしょう。

気になるオートバックスのタイヤ交換工賃はというと1,080円でした。タイヤの脱着やバランス調整込み(って言ってたような気がする)で1,080円は安いですね。

タイヤのサイズや車種で変わると思うので、オートバックスにタイヤ交換をお願いする時は工賃を確認してください。

オートバックスでタイヤを購入・交換してもらうと「タイヤ料金3,229円+交換工賃1,080円=4,309円」となります。

参考例 通販 Amazon オートバックス
タイヤ1本 2,520円 2,520円 3,229円
交換工賃 1,944円 1,550円 1,080円
合計料金 4,464円 4,070円 4,309円

軽自動車用「155/65R14」サイズのタイヤでの参考例ですが、最安になるのはAmazonで購入してENEOS・エッソ・モービル・ゼネラルで交換する方法のようです。

ですが、オートバックスでタイヤ交換したとしても、料金的には大差ない気がしますね。

最安でタイヤ交換するならAmazonで購入してENEOS・エッソ・モービル・ゼネラルで交換、早くタイヤ交換したいならオートバックスで交換とするのがオススメです。

オートバックスでタイヤ交換すると案外安いことが分かった。

別途かかる料金もある

オートバックスでタイヤ交換をしてもらいましたが、交換工賃以外にも必要になった料金があります。

それは「タイヤゴムバルブ交換工賃」と「廃タイヤ処分料」です。それぞれ270円という高くない金額なので、必要かどうか考えておくのが良いですね。

ートバックスタイヤ交換工賃レシート

オートバックスでタイヤ交換にかかった時間は、予約なしの飛び込みで行って30分程度でしょうか。

タイヤ1本だけの交換だったので、4本になるともっと時間がかかると思われます。

オートバックスへのタイヤ持ち込み交換については、各店舗で「やる・やらない」と「工賃」が違うようです。事前に電話確認する事をオススメしますよ。

まとめ

オートバックスで軽自動車のタイヤ1本を購入・交換してきました。

タイヤ1本の料金は3,229円、交換工賃は1,080円の合計4,309円。別途料金も加えると、タイヤ交換の料金は全部で4,849円かかりました。

以下は軽自動車用のタイヤ「155/65R14」を、通販で購入・交換した場合との比較例です。

参考例 通販 Amazon オートバックス
タイヤ1本 2,520円 2,520円 3,229円
交換工賃 1,944円 1,550円 1,080円
合計料金 4,464円 4,070円 4,309円

安いタイヤの購入・交換なら、オートバックス・ネット通販も料金に大差ないので、スピードや信頼性、好みなどで使い分けるのがオススメです。

オートバックスでも良いんじゃない?