毛布があればそれでいい

いろんなこと書いていく雑記系のブログです。

足の爪が剥がれた!治るまでの処置として絆創膏でぐるぐる巻きに固定しときました

治るまでの処置として絆創膏でぐるぐる巻きに固定しときました

「よっこいしょ」と座布団の上に座ろうとした時、足の小指に痛みが!

見ためは何ともないんだけど、足の小指の爪を触ってみたらべろんべろん動く。

「うわぁ・・・初めて爪が剥がれたよ・・・」

爪が剥がれの原因と対処方法

生まれて初めて爪が剥がれてしまったので、どうしたらいいのか全く分からず。爪が剥がれたらどうしたらいいのか?いろいろと検索してみたんです。

爪が剥がれる原因って、人それぞれで違うもんだな~と見ていて思いましたよ。

ぶつけて爪が剥がれた!

一番原因のわかりやすい爪の剥がれ方ですね。
ぶつけたり物を落としたり引っ掛けたり、爪に強い衝撃が加わることで割れたり剥がれたりしちゃいます。

私の爪が剥がれたのも柱に足の小指をぶつけたのが原因です。

強い衝撃で爪が剥がれかけた場合、無理に爪を取ってしまわずに絆創膏やテープで爪を固定するのが良いようです。
完全に剥がれてしまった場合にも、爪を剥がれたところに戻してあげて同じく固定するのが良いようですよ。

そして病院で診察してもらうのが一番です。

「病院の何科に行ったら良いのかわからない・・・」

ぶつけたり物を落としたりという場合、打撲や骨折の可能性もあるかもしれないので「整形外科」が良いと思います。

爪剥がれは「皮膚科」でも診てくれるので、どちらかの病院に状況を電話で伝えて診察できるかどうかを確認してから行くのが無難ですね。

病気で爪が剥がれた!

爪をぶつけたわけでもないのに、爪の形や色などが変化していき剥がれてしまうということもあるようです。
菌が悪さしていることもあるし、ストレス栄養不足で剥がれることも。

さらにはもっとヤバイ病気の可能性・・・なんてこともあるので病院で診察してもらうことをオススメしますよ。

こういった場合は「皮膚科」で診てもらう場合が多いようですね。
こちらの場合も爪を元の位置に戻し、絆創膏やテープで固定して診察に向かいましょう。

いつの間にか剥がれた!

「爪でガリガリ擦ってたら」とか「走ってたら」なんて時にも剥がれることがあるようです。
爪に負担がかかりすぎたというのもあるでしょうし、ぶつけたり病気などで剥がれかけていたという場合もあります。

上記の場合と同じように爪を固定して病院で診察してもらうのが一番ですが、「これくらいなら・・・」と言う場合には、そのまま様子を見るというのも方法の1つです。

ですが、勝手な自己診断で更なる病気に繋がる可能性があります。
「自己責任での判断」と言う形になってしまい、他の誰も責任とれないので注意してください。

爪が剥がれたときの消毒について

爪剥がれに限らず、擦り傷や切り傷など軽い創傷の場合、傷口の消毒に関してはいろんな意見があるようです。

昔は転んだりして怪我したときには化膿しないように消毒して、絆創膏やガーゼで傷口を押さえておくというのが定番でしたね。
絆創膏などは使わずに傷口を乾かしてカサブタを作っておけば治りが早い!なんて教わったこともありました。

最近では傷口を消毒せずに、傷口から出る透明の液で湿らせておく湿潤療法なんていう治療方法もあるようです。

消毒と言うのは、悪い菌を倒してくれるけど良い菌の「常在菌」にまで影響がある、傷口の細胞に対して刺激が強くて治りを遅くしてしまうというお話もあります。

傷口から出る透明の液「滲出液」には、傷を治してくれる成分が豊富なので、滲出液で満たすように傷口を押さえてあげるのが早く、そして綺麗に治すコツのようですよ。

ただし、滲出液でジュクジュクした状態は菌が繁殖しやすく化膿することもあるので、どんな治療方法にするのかは病院の先生との相談という形にはなるのかな?と思います。

初めて爪が剥がれた感想は「意外と痛くない」

生まれて初めて爪が剥がれたんですけど、これが案外痛くないんです。

どんな状況で爪が剥がれたのかというと、座ろうとあぐらをかこうとした時、足の小指の爪が座布団を擦って剥がれたんです。
「痛っ!」って思ったのは最初だけで、剥がれかけの爪をべろんと捲ってみたり、触った時にじんわり痛いかなって思うくらいです。

良く見ると血も出てないし爪の下の皮膚には、すでに膜のようなものが形成されている感じです。
思い返せば数か月前、足の小指を柱に強打して血が出てきたのを思い出しました。

「そういえばあの時、ちょっと爪が浮いていた気がする・・・」

あの時に剥がれかけになってしまった爪は、軽い擦れで剥がれてしまうくらい脆くなっていたんだろうと思います。
その剥がれかけという状態が爪の下の傷口を覆う膜(皮膚?)を形成するのに役立ち、生爪が剥がれるような痛い状況にならずに済んだのかな?って思います。

とりあえずズレた爪を元の位置に戻し、絆創膏でぐるぐる巻きに固定しているのが今の状態です。

勝手な自己判断で「何とかなりそうな気がする」ということで、病院には行っておりません。
小指だったおかげか、歩いてても痛くないのが助かりました。

爪が生えてくるように栄養を取る

爪の主成分ってケラチンという「タンパク質」だそうです。タンパク質を多く含む食品と言えば肉、魚、卵、大豆、乳製品です。
低カロリー高タンパクで人気のサラダチキンとか、定番の納豆や牛乳などいろいろあるね。

タンパク質って爪だけじゃなく髪や皮膚、筋肉など体全体に必要な栄養素だから、他の栄養素も上手に摂取できる「プロテイン」がオススメ
Amazonなどのネットショッピングでも購入できるし、近くのコンビニでゼリータイプやバータイプのプロテインが気軽に買えるからありがたいね。

私はSAVASのプロテインを飲んでみました。

savasのプロテイン

実はプロテインって初めて飲んだんだけど・・・なかなか溶けにくいんだね。溶けないからお湯に溶かしてみようと試してみたら、固まっちゃって飲みづらくなっちゃったよ。

味はまぁまぁ。

やっぱり手軽に美味しく食べれるゼリータイプやバータイプのプロテインの方が良いかもしれない。
まぁプロテインも摂取したことだし、あとは爪が無事に、そして綺麗に生えてくることを祈ろう!

結果:爪が綺麗に生えてきた!

剥がれた爪を絆創膏でぐるぐる巻きにしてから1週間、ついに爪を引っ張って取ってしまいました。
なぜなら・・・爪が生えてきたから!

剥がれた爪が生えてきた

爪は薄いんだけど、もう半分以上生えてきてました。
やはり、指を強打した時点で爪が剥がれていて、剥がれ落ちる間に新しい爪が生えていたんだと思います。

強打したのはいつだったか覚えてませんが、数か月は経っているかと思います。
爪が剥がれ落ちるまでの間、消毒することもなく、絆創膏で固定することもありませんでしたが、綺麗に爪が生えてくるものなんですね。

この記事に書いてある方法は、私の自己診断方法なので参考程度にお願いします。
心配だったり、少しでも異常を感じたら病院に行くことをオススメするよ!