毛布があればそれでいい

いろんなこと書いていく雑記系のブログです。

「Twitterと関係ないサービスやウェブサイトによって、このアカウントは乗っ取られています」と表示された時の対処方法

Twitterと関係ないサービスやウェブサイトによって、このアカウントは乗っ取られています

最近、迷惑メールや詐欺メールが多すぎて、どれが本物なのか偽物なのか見分けるのも大変です。

そんな中、Twitterと関係ないサービスやウェブサイトによって、このアカウントは乗っ取られています」とメールが来ましたよ。

「また詐欺メールか・・・」と思ったら本物のようです。

Twitterと関係ないサービスやウェブサイトによって、このアカウントは乗っ取られています」とメールが来たらどうしたらいいのか?

実際にやってみたので参考にしてみてください。

Twitterからのメール内容

Twitterと関係ないサービスやウェブサイトによって、このアカウントは乗っ取られています。
アカウントの安全のために、@〇〇さん のアカウントをロックしました。再ログインするためにはパスワードを変更してください。

「このアカウントは乗っ取られています」と断言していますが、Twitterのプログラムが判断していると思うので事実かどうかはわかりません。

怪しい動きを検知したことには間違いないと思うので、パスワードを変更しておいた方が良いでしょう。Twitterも使えませんしね。

このメールが本当にTwitter公式から送られてきたかどうかは、以下の内容でわかるようです。

Twitterからのメールかどうかを知る方法
メール内のリンクが「https://」ではじまり、twitter.com.が含まれていることをご確認ください。ブラウザのアドレスバーにカギのアイコンが表示されていればそのサイトは安全です。

それでも心配な場合はメール内の「パスワードをリセット」をクリックせず、ブックマークなどから直接自分のTwitterに移動しましょう。

Twitterに移動するとパスワード変更を要求される

メールで「Twitterと関係ないサービスやウェブサイトによって、このアカウントは乗っ取られています」と送られてきてからTwitterに移動すると「パスワードを変更してください」と表示されます。

ツイッターアカウントロックパスワード変更

お使いのアカウントに不自然なアクティビティを検出しました。安全のため、パスワードを変更されるまでアカウントはロックしました。
アカウントを保護するため、再度ログインする前にパスワードを変更してください。

Twitterのアカウントがロックされている状態なので、パスワードを変更してロックを解除する必要があります。「始める」をクリックしましょう。

ツイッターアカウントロックパスワードリセット

パスワードのリセット方法を選びます。

私の場合はメールしかありませんが、電話番号が登録してあれば別の方法も選択できるんじゃないかと思います。

選択したら「続ける」をクリックします。

メール内の「パスワードをリセット」をクリックする

ツイッターアカウントロックパスワードをリセット

メールで「パスワードのリセット」が届くので、「パスワードをリセット」をクリックします。

ツイッターアカウントロック新しいパスワード入力

新しいパスワードを入力します。入力したら「送信」をクリックして、パスワード変更の完了です。

これでTwitterのアカウントのロックが解除されているので、通常通りのツイートが可能になります。

Twitterアカウント乗っ取りの原因

パスワードをリセットすると、以下の内容が表示されました。

あなたのアカウントへのアクセスが許可されている連携アプリを確認して、心当たりのないアプリや使ってないアプリとの連携を取り消してください。

今回のアカウント乗っ取りの原因は、連携しているアプリに関係があるという事でしょうか?

しばらく見直していなかったので、確認してみることにします。

ツイッター設定とプライバシー

Twitterの「設定とプライバシー」をクリックします。

ツイッターアプリと端末

「アプリと端末」をクリックして、連携を解除したいアプリを見つけて「許可を取り消す」をクリックします。

覚えがないものや、もう見ていないものを中心に解除していきましょう。

まとめ

Twitterからメールで「Twitterと関係ないサービスやウェブサイトによって、このアカウントは乗っ取られています」と送られてきた場合はアカウントがロックされてしまうので、パスワードを変更する必要があります。

私はメールを使ってパスワードを変更しましたが、好みの方法で変更してください。

アカウント乗っ取りの原因としてアプリの連携があるようです。定期的に見直して、Twitterの乗っ取り被害を防止しましょう。